« January 2006 | Main | March 2006 »

惜しい・・・3/100秒!

SL2本目を見る準備をしてみました。

200602260215000





シャンディーガフを飲みたかっただが、サンクスにジンジャーエールを置いていなかったので仕方なくイチゴサイダーコーラトマトジュースGetしてみました。

ビール+イチゴサイダー = イチゴビール・・・95点!!!

これはイケる!!!

・・・2本目終了・・・・。

明、残念!!片半・・・仕方ない!!

健太郎、惜しい!!後一歩、後一滑り!!

湯浅、良く頑張ったぞ~!!

im20060225NN001Y6742502200614

| | Comments (2) | TrackBack (0)

誕生日♪~♪~♪

今日は先輩Yoshikawaさんの誕生日でして・・・
一緒にゴルフの練習して、彼女さんと一緒にお祝いしてみました。

誕生日は結構まめに覚えている方(?)なのだが、どうも忙しさに
紛れてしまい、うっかりプレゼントを買うのを忘れてしもうた・・・。
気持ちだけで我慢してけろ・・・。

28歳おめでとうございます。
28歳・・・文字にするとリアル~ううううううう

誕生日に相乗りして、Gauchoで私の好きなものばかり頂いて
きました。

60011-P1
GAUCHO!!!!



CIMG0843タイ風グリーンカレー!
めちゃめちゃ辛かったね・・・。



200602192205001
HAPPY.BIRTHDAY.CAKE!!!




image010

| | Comments (3) | TrackBack (0)

『桜飛沫』阿佐ヶ谷スパイダース

舞台『桜飛沫』に行って参りましたwithSatoko♪

阿佐ヶ谷スパイダース/ゴーチ・ブラザーズ主催『桜飛沫』を
三軒茶屋の世田谷パブリックシアターまで観に行って参りま
した。長塚さん前作『LastShow』以来の純粋なゴーチ作品
です。
前半1時間30分、休憩20分、後半1時間30分という長い時代
劇でしたが、全く長さを感じさせない作品でした。

前半は橋本じゅんさん演じる徳市を主役とした、とある村で
伝えられる迷信や習慣をテーマに、セックスや出産のトラウ
マと言う現代問題(と言って良いかは判らないが)を上手く
取り込んでいました。
・・・『蠎蛇如』

後半は佐久間(山本亨さん)を主役に、人と人のつながりを
様々な角度(尺度)で描いてました。
市川左京の感じる"憧れと嫉妬の狭間"と言う難しい役を
ものすごく素直に演じる山内圭哉さんの演技には度肝を
抜かれる思いでした。それこそ観衆のココロに素直に受け
入れられる表現でした。
・・・『桜飛沫』

山内圭哉さんの今後にも期待したい!!!

前半に登場した『郷地三兄弟』ってのがウケた。
噂によると郷地蚕之佑が新藤だとか・・・殺されてしまったけど。

圭史さんの次回作は『ウィー・トーマス WEE THOMAS』も楽しみ
なり~♪

31040IMG1fly_sibuki_m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

St. Valentine's Day

St.Valentine'sDayです。
軽い言葉で言えば、「女性からチョコレートを頂ける日」ですが、
年頃によってこの日は意味合いが違いますね。

【女性から見たSt.Valentine'sDay】
中・高校生・・・好きな人に手作りチョコレートをプレゼントする
        凄いドキドキするイベント。
大学生・・・・・彼氏には愛を込めて手作りチョコレートをプレゼント
        するものの、ホワイトデーでのお返しを期待している。
        ちょっと卑しい。。
        サークルの友達等には義理チョコの中でも特に最下級な
        ギリギリチョコレートをプレゼントする。
        これもお返しを期待してる!?
社会人・・・・・彼氏にプレゼントするも、手作り派は減るのかな!?
        有名なショコラティエのチョコレートを買っちゃったり
        もする。
        当然見返りはバッグやアクセサリを期待してる・・・。
        会社の上司や同僚にも当然、義理チョコをプレゼント。
        ギリギリ過ぎるとお互いに顔が立たないので、過もなく
        負荷もないギリギリ過ぎないチョコレートをプレゼント。

【男性からみたSt.Valentine'sDay】
いくつになってもチョコレートは欲しい。好きな人からはもっと欲しい!

ちなみに2006年私の獲得は・・・
義理チョコ・・・3
ギリギリチョコ・・1
ギリギリ過ぎないチョコ・・・1
と勝手に判断したが、これは俺が決める事ではないかも・・・。
相手の意思を尊重するとどうなるのかは不明。

誰か俺に本命チョコを下さ~い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

スキーに行ってきました。(in尾瀬)

23:00いよいよ予選開始です。とほぼ同時に尾瀬に向けて出発。
いきなり④番手で愛子@上村登場!!!
コーク72にパワーを注ぎすぎたのか、FirstAirがただの
ヘリコプター・・・しょぼいよ。72の練習80%くらいに
してバックフリップとかも練習すれば良かったのに・・・。
と他人事ながらヘリでしか魅せられない事に悔しさを覚えま
した。

尾瀬に到着したのはちょうど決勝が始まる3:00頃でした。

残念!!でも愛子めちゃめちゃかわいいぞ~♪
その可愛らしさだけあれば引退してもやっていけるぞ!!!

捻挫した左足は快調ながら、ゲレンデに出たのは11時になって
しまった。。すばらしいやる気だこと。

天候は良かったり悪かったり、どちらかと言えば悪かったような。

帰りは予想に反して関越が渋滞・・・横浜についたのは深夜1:30を
回っていました。。。案の定仕事に支障を来たしてしまった・・・。
すいませんでした。トホホ。

今シーズンも中盤を迎えてますが、尾瀬と栂池しか行ってない。
もっと色々な所に行かねば!!
レジャーで苗場とか軽井沢とか行ってみたいものだねぇ。

200602121854000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フットサルに行ってきました。(in金沢八景)

オリンピック開会式などすっかり忘れて目が覚め、起床した
のは朝の7:30でした。テレビを付けると開会式の模様が
繰り返し流れていました。

「およっよっ!始まった~!」と薄いリアクションを覚え
つつも、「今夜いきなりモーグル(女子)ですか!?」と
今夜の予定を頭の中で考えてみると・・・夜出で尾瀬だ~!
車の中で見られるかな。とちょっと安堵してみた。

シャワーを浴びて金沢八景にあるアディダスフットサルパークに向けてドライ~ブ!天気も良く、爽快に横横を走らせるのは
気分が良いもので、自分に酔いしれてサングラスとかしちゃった
りして。きゃ~!と黄色い声でも聞こえてきそうなくらい。
(恥ずかしい~)


会社メンバーとのフットサルなので、基本的には運動量は少なく
て済む。年を重ね、どうも最近体力が落ちているようで、適度
に動くこのメンバーが結構最高。

この試合中は黄色い声援は聞こえては来ない・・・。
がっかり。

時間もそろそろ押し迫っていた時でした。
プレー中に足首が・・・ボキっ!・・ひねってしまった。
はい。捻挫です。

捻挫と言うのをインターネットで調べてみました。

【捻挫】
手や足などの関節をくじくこと。
関節に無理な力が加わって、はずれそうになるほど曲がり、
関節包や靭帯(じんたい)が損傷された状態。
sprain:捻挫する

適当な言葉かもしれません。恐らく骨には異常はないはずです。
こんな状態で尾瀬に行って良いものか正直悩みましたが、ゲレン
デに出てみて足が痛かったら、その時はその時で宿(うめや)で
テレビでも見てようと思い、見切り出発する事にしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スキーに行ってきました(栂池編)

この週末にちょっとしたイベントに参加するために
白馬連山の一つであります栂池まで車を走らせました。

イベントと言っても大それたものではなく、学生時代
に闘った同士が集まり楽しく滑りながらも、点数をジャ
ッジしてもらう小さい大会です。

その名も『早慶 OB SKI GAME』。

昨年の参加者より若干増えて、今年は30人強が遥か
栂池の地に集まりスキーを楽しみました。

残念ながら慶応大学の方は来られず、ALL早稲田OB戦
となってしまいましたが、それはそれで顔を合わせた
事は合っても話をした事のない人や、世代の重ならな
い後輩と交流ができた事は何よりフレッシュ!!でし
た。

"楽しい"と言う言葉とは裏腹にも、スキーの上手い
方ばかりが集まっており、少し引きました。。。

社会人なのに進化は止まらない・・・何故だろ・・。

楽しいながらもジャッジが下されるわけで、やはりス
タート位置に立つと、どこか懐かしい緊張感を覚えま
す。この緊張感がまた心地良くも感じるものなんです
よね。普段の生活では味わえない緊張感ですね。

それにしても白馬まで行くと心なしか尾瀬が近く、なん
なら近過ぎるくらいに感じる。
今週は尾瀬に行こ。練習しよ。

頑張るぞぃ└(●^□^●)┘

(追伸)
2日目に三品さんが名古屋から栂池まで掛け付けてくれ
ました。三品さんは先輩でありながらも、その言動には
若さ・・・ではなく、親しみ・・・でもなく、卑猥さ!
が溢れており、どうしても慕ってしまう所があります。
そんな三品さんも5月に結婚をすると言う事で、結婚準備
のために、「金がない」と連呼してました。
さすがの三品さんでもスキーvs結婚準備では後者が明らか
に優勢らしく、今年はスキーも程々にしている様子でした。
「ホっ」とするような「ゲゲっ」とするような違和感を感
じちゃったよ。何故だろう・・・。

CIMG0830CIMG0831


| | Comments (1) | TrackBack (0)

バトンって・・・

Mixiからバトンが回ってきたけど、ココログと連動している私は
どうしたら良いのか・・・

とりあえず、回答してみよう。

01、デートの時、相手が理由もなく1時間遅刻。
 その時のあなたの一言は?

 ⇒待ちくたびれた~

02、デートの時、ありえないような服装。その時のあなたの
一言は?

 ⇒今日は何か特別な日だっけ?
  「別に普通の日だけど・・・どうして?」(とか言われて)
 ⇒髪切った?いつもと雰囲気違うね。今日もかわいいよ♪
  (女の人って髪切ったの気づかないとふてくされるんだもん)

03、デートの時、相手が携帯ばかりいじってて、あまり相手に
してくれません。その時のあなたの一言は?

⇒俺の話聞けよ!(何て強く言えないので)
 俺も携帯から彼女にメールする「こっち向いてくれ~」とか。

04、相手とお揃いの携帯にしたい!と思ったことありますか?

⇒ある。
 
05、付き合ってまだ1ヶ月。
 親に紹介してほしいと相手に言われたらどうする?

⇒何で?

06、大好きな人から結婚を申し込まれました!
 即返事がほしいって。あなたはどう答える?

⇒断る。 

07、バトンを回す5人は?

⇒カオリンさん
 ダーヤマさん
 きんぐさん
 てっちりさん
 ミックさん

見てないないだろうなぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

翼君も遂にパパ!!

そうそう。ビッグニュースです。

大空翼&さなえ夫妻にも、待望の赤ちゃんができちゃったよ。
翼君と出会って、何年経っただろう。

俺よりもまだまだ子供だと思っていた翼君・・・翼・・・

君も等々パパだね。

おめでとう、翼君~

岬も負けずに子供作れっ===!

それにしても今年は少子化を感じさせないくらい
周りに赤ちゃんが生まれてるなぁ。
この波、途絶えぬよう皆子作りに励むべし!

==========================
早苗 今日
    ピントと
    ピントのお母さんに
    付き添って
    もらって・・・
    病院へ行ってきたの
翼   えっ
早苗 赤ちゃん
    できたみたい
==========================
(今日発売のYJ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数学者って素敵♪

特にネタはないが、何か日記としては残しておかないと
後々で飛び飛びになってしまうので書いておこうと思う。

今「博士の愛した数式」(小川洋子著)を読んでいる。

そう。原作を読んでから映画を観ようと思い、衝動的に
GETしてしまったのだが、この原作が結構面白い。

数学(算数)の事を少しでも知っていれば理解できるよ
うに判り易く説明をしてくれているのよ。

是非是非読んでみて欲しい。

この本を読んでいて、やまとなでしこ・欧介の結婚式で
のスピーチを思い出しました。

この言葉を聞いて俺も結婚式でこんな台詞をさらっと言え
たらかっこいいかも♪とか思ったミーハーな男性がどれ程
いただろうか。それでもいざ結婚式でこんな言葉をスピー
チした所で皆頭に「?」が浮かぶに違いない。

それでも良いから言ってみて~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
物理学者のリチャード・ファインマンはこんな事を言って
います。

『数学や物理というのは、神様のやっているチェスを
横から眺めて……… そこに、どんなルールがある
のか,どんな美しい法則があるのかを、 探していく
事だ。』と。

「最初からそんな法則はない」、と思う事もできます。
この宇宙で行っている事は、すべてデタラメで, 意
味のない出来事の繰り返しばかりで………。

だとしたら、数学者達は何もする事がなくなってしまう
んです。そんな退屈な宇宙に住んでいる事自体、嫌
気がさしてしまう。

でも、岡本はチェスの謎を解く事をあきらめませんでし
た。おまけにユリさんのような人と巡り合う事ができた。

ひょっとしたら………
『人と人が出会う事』も、
そのルールにのっとっているのかもしれません。

もし………そこに何かのルールがなかったら。
「二人がどこかで出会っても、そのまますれ違って, 関
わりあう事も、言葉を交わす事もなかったはず」なのに・・・。

宇宙の片隅の,この会場で、僕たちはこうして 集まる事が
出来たのも・・・そして今日,僕たちがこんなにハッピーなの
も、岡本がたった1人の女性と 巡り合ってくれたおかげです。

「運命という、1番難しい謎」を
今日、彼が解いてくれたような気がします...。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »