« 大変だ! | Main | 浴衣着てみたい((o(*^^*)o)) »

阿佐スパin下北。

おおよそ1年ぶりに舞台行ってきました。

スズナリです。

下北沢です。

何年ぶりの下北だろう・・・。

『少女とガソリン』
会場 ザ・スズナリ
作・演出 長塚圭史
【キャスト】
<玉島耕蔵>中村まこと   
<本田>   松村武
<山路>   池田鉄洋
<田村>   中山祐一朗
<谷田部>  伊達暁       
<笠城芳樹> 長塚圭史   
<三浦>   富岡晃一郎
<誓>    大林勝
<リポリン> 下宮里穂子
<丸代>   犬山イヌコ

入り口の階段がまるで別館のように赤く彩られていた。
目に痛いけれど、普段よりも明るいので上り下りがしやすく
感じました。

『少女とガソリン』というタイトルと、真っ赤にデコレーションされ
た劇場から、きっと最後はガソリン撒いて炎上させるのだろうな
と思っていたのですが、そーゆー意味のガソリンじゃなくて、原
動力としてのガソリンという意味でした。

被差別部落(のような)土地の男達が、街の再開発に反対し、
アイドル歌手の少女を女神に仕立て、真に平等な共同体を目
指し暴走してゆく。

革命だのなんだのって、一部の人間が起こそうと思っても起
きるものではなく、機が熟したときに自然発生的に起こるよう
なもんじゃないかと思うのです。本人達には革命のつもりでも
、傍から見れば身勝手な単なる暴走にしか過ぎないのに。

でも、いい大人が生き生きと暴走している姿は、燃え尽きる前
の蝋燭のように輝いて見えるのでした。

アイドル...といっても、世代によってアイドルのあり方って差
があるように思いますが、「少女とガソリン」のアイドル(リポリ
ン)はかなり純粋でよい子。表ではアイドルを演じ、裏では酒
タバコやってうのがアイドルってもんだろーっという気がしなく
もないのですが、最後にその純粋さが生きてくるのですね。

「真実(まこと)」は、ただ酔うためだけのまずい酒ということで
すが、酒というよりもただのアルコールじゃねえかっていうよう
な酒って、妙に「飲んでるんだっ!」って実感があったりするも
んです。年に数回欲するよね。

みなさんの芸達者ぶりを堪能できた2時間20分でした。

特に池鉄さんには注目らしいです。今後の舞台にも出演され
るようなので期待大です。

070620_1


|

« 大変だ! | Main | 浴衣着てみたい((o(*^^*)o)) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3931/15569234

Listed below are links to weblogs that reference 阿佐スパin下北。:

« 大変だ! | Main | 浴衣着てみたい((o(*^^*)o)) »